ピンクの世界に素人が手を出してはいけない。の巻

ピンクは難しい

ピンクの世界は難しいのです。
ピンクの世界に素人が手を出すと、いろんな意味でイタイ目にあうので、やめておいた方が無難なようです。
そんなことを先日学んださくらです。

作成途中のあるサイト。

はじめは黒のバナーできりっ!と作成していました。
でも、黒バナーって画像のせるのが結構難しい(自分比)。
そこで(めんどくなって)、黒ベースにどーんと文字だけのバナーにしていました。

そしたら・・・ツイッターで、ある女性からダメだし。
そこで「オレンジ」ベースに変更しました。

その数日後。今度はある方からダメだし。
「ピンクを別の色に変更ね」

えっと・・・一応オレンジだったのですが。汗
背景色がピンクっぽかったかな。

うーん、うーん、結局「水色ベース」に落ち着いたそのサイトちゃん。
この子↓(実はまだ作成途中)
ビール工場見学

そして、ダメだししていただいたその方の貴重なお言葉。

「ピンクは私達素人には使いこなせません。キリッ」

確かにそうかも。
ピンクって、難しいですよね。
なんとなくごちゃごちゃしたり、落ち着きのない印象になりがちだと思うのです。

センスがないなりに、いろいろ試してみた。

むむむむむむむぅ・・・・
やはり難しい。

サイト作成の時、気をつけるべき重要なことがあります。
それはぱっと見た目が、サイトを訪問してくださった方に嫌われないサイトであること。

情報サイトなどでそれなりに成果を出したいのなら、
大多数に受け入れてもらえる「見た目」であることは大事です。
かっこいいイタリアブランドではなく。ユニクロみたいになる。
多くの方から合格点をもらえる見た目のサイトにすること。

これって実はとても大切。
そう考えると、デザインセンスやスキルのない素人は、サイトにあまりピンクを使わないのが無難ですね。

そもそも「ピンク」というのは「好き、嫌い」が結構はっきりとした色です。
私の周りにも、ピンクは苦手という人がそれなりにいます。

女性ターゲットのサイトだからピンクを・・・なんてこと、つい考えがちだけど、情報をしっかり自分で調べるタイプの女性には、ピンクが苦手な人が多いようなイメージもあります。

そう考えても、やはりピンクの世界には手を出さないほうが無難かも。

さくらが学んだこと
ピンク色は難しい・・・。
デザインセンスに問題のある素人の私は、ピンクの世界に踏み込むのはやめておこう。




この記事へのリンクはご自由にしていただけます。下枠内のリンク設置用タグをご利用ください。
<a href="http://xn--u9j463gmxy003a.com/web/sakusei/pink.html" target="_blank">ピンクの世界に素人が手を出してはいけない。の巻</a>

コメントは、Facebookアカウントを通してのみとなっております。