ヘタな写真はブログに載せるな。顔洗って出直し!の巻

写真撮影

商品レビューを書くときなど、写真を撮影してブログやサイトに掲載します。
この写真は、きっぱり「キレイ」で「目を引く」ものであるべきなのです。
「ヘタクソ」で「見にくい」「興味が持てない」写真なんてダメなのです。
そんな写真ブログやサイトに掲載するな!顔洗って出直せ~!!なのです。

はい。顔洗って出直してみたさくらです。

えっと・・・すみません。
昨日、「ヘタクソ」な写真をレビューブログにアップしたのは、何を隠そうこの私。汗

いまいち(かなり?とも言う)おいしそうに見えないお漬物の写真。
むむっ・・・と思いながらもそのままアップしたら、ツイッターでダメだし。
この記事です。 
 →おいしいくて手入れ楽ちんなぬか床が欲しい! たね坊のぬか床を買ってみた

最初にダメだしをされた写真は、少しはマシ?かもしれない写真に差し替えました。
もともとのダメダメ写真はこれ↓ 

ヘタくそな写真だなぁ・・・という自覚があったので(汗)、周囲をぼかしてごまかしてみた(つもり)写真。

やはりダメでした。だよね。ヘタだもん。
「白菜の浅漬けは写真がとりにくいからしょうがない」
と、白菜に罪をなすりつけたりしてみました。

能力のない奴は、自分ができないことを、周囲のせいにします。
さくらも実力がかなり怪しいので、写真がヘタなのは白菜が悪い、
あ、カメラもしょぼい。と、周りに罪をなすりつけてみます。

レビューブログやサイトの写真は「キレイ」で「目を引く」ものであるべきだ。と、思っています。

でも、違う考え方の人も少なからずいらっしゃいます。

ブログなどで「売り売り」に見られたくないから、写真は素人っぽくちょっとヘタな方がいい。
なんて意見も耳にします。

「売り売り」に見られたくないから、写真は素人っぽくちょっとヘタな方がいい、という考え方は間違っています。

売り売りに見られるかどうか?は、写真の良し悪しがポイントではないです。
文章やブログ全体から受け取る雰囲気。
そこに見え隠れするブログやサイトの「主」の顔(印象)
そそんな部分から、読み手は判断しています。

ブログやサイトにへたくそな写真を掲載することは、訪問してくれた方に失礼だ、と思うのです。
ブログやサイトにアップした時点で、「この写真見て~」と皆に言っている状態です。
世界中の誰もが見ることのできる状態に、自分でしたのですから。

でも、その写真が「へたくそ」「見にくい」
それは「わざと」そうしている。としたら・・・

街角で自分の文章や写真の展示会をしていて、
通りすがりの方に見て~って声かけて・・・・
写真はちょっとヘタにしてるんです。そのほうが自然な感じでしょ♪
って言ったとしたら・・・ しばくぞお前!なめとんのか~~ です。
あ、私大阪人です。ごみんなさい。

そんなこんなで、昨日ヘタクソな写真をアップしてしまった私は、
リベンジすべく、今朝、お漬物の写真を撮り直してみました。

朝撮り直したので、撮影前に「顔を洗って」います。
はい。名実ともに「顔を洗って出直し」たつもりです。

その結果は・・・涙。
ごめんなさぁ~~~い。
「かぶら」と「なすび」「きゅうり」素材が悪かったな。
と、やはり罪を素材のせいにしてみます。

きゅうり

かぶ

基本的に、盛り付けの才能がない。涙

で、写真は昨日より「マシ」になってる?なってない?

反省点として、かぶとナスにお水をかるくかけなかったこと。
食品の撮影には霧吹きで軽くお水をして、という方法を聞いたことがあります。
今回撮った写真を見て実感。お水は重要。

ふぅ・・・

写真撮影のスキル・センスが未熟です。
修行します。

ツイッターで仲良しの店長Yさんはさすがです。写真スゴイです。
「光源」の使い方がすごいですよね。勉強になります。
http://blog.bakuyasu.jp/diary/2134.html

さくらが学んだこと
写真撮影は難しい・・・。特に食べ物は難しい・・・。
野菜などの写真を撮る時は、霧吹きでお水シュッ!が大事だね。




この記事へのリンクはご自由にしていただけます。下枠内のリンク設置用タグをご利用ください。
<a href="http://xn--u9j463gmxy003a.com/web/sakusei/photo.html" target="_blank">ヘタな写真はブログに載せるな。顔洗って出直し!の巻</a>

コメントは、Facebookアカウントを通してのみとなっております。