クレジットカードは増やさない主義の私が楽天カードを持った理由

card04.jpgお買い物はクレジットカードで。
両親がクレジットカード主義だったこともあり、支払いは当然カード、小額の支払いでもクレジットカードを使うさくらです。

カードでポイントを貯めて飛行機会社(ANA)のマイルに換えて、無料で旅行を楽しむANAマイラーです。

そんな私の愛用カードは、もちろんANAカード。
ANAカードだけでいい、カードの数は増やさない主義でした。

それが・・・作ってしまったのです。楽天カードを。
これです→年会費永年無料の楽天カード

実はカードは現金より安心です♪

大学入学と同時にクレジットカードを作るように両親に言われ、即作ったのがはじめて持ったクレジットカード。当時、洋服などのほとんどを大丸で購入していた私は、迷わず大丸の学生用カード(VISA)を作りました。

カードは現金よりもずっと便利で安心です。
現金は落としたりしたらかなり絶望的ですが、カードはなるべく早く紛失届けを出せばほぼ問題なし。
ただし、キャッシングだけはなにかと不安もあるので、カードにはキャッシング機能はつけないようにしています。

無料旅行も楽しめるANAカードを愛用してます

そんなカード主義の私が愛用しているANAカード
ANAカードはANAマイルを貯めて無料旅行を楽しむには最適です♪
ANAカードについてはANAカード公式ページを見てね
ANAカード公式ページ→ANAカード

ANAカード

実は私の持っているANAカードは、ANAスーパーフライヤーズカードという、ANAマイレージクラブの中でも一部の会員しかもてない特別なカードで、

  • 空港チェックイン時、専用カウンターを利用できるので並ばなくていい
  • 空港のANAラウンジが利用できる(もちろん無料)
  • 国際線に乗る時は、ビジネスクラス以上に搭乗する方が利用できるラウンジを無料で利用できる。他社便でもスターアライアンス加盟の飛行機会社に搭乗する際は、その航空会社のラウンジを利用できる
  • 手荷物は優先扱い。国際線では「ファーストクラスタグ」をつけてもらえる
  • マイレージは通常よりたくさん貯まる

ほかにもいろんな得点があるので、すごく気に入っているカードです。
このANAカードを持つようになってからは、ANAカード一筋の私でした。

それが作ってしまったのです。
楽天カードを!!!

便利すぎるANAカードがあるのに楽天カードを作ってしまった理由

実は楽天カードはANAカードを持ってから作った3枚目のカードです。
2枚目のカードはJALイオンカード

JALイオンカード

このカードは、イオンの株主優待を利用する時には。カードはイオンカードしか使えない、という悲しい現実に直面して(大げさ)、現金支払い大嫌いな私が考えて作ったカードです。
細かいことはここでは省略しますが・・・イオンカードの中では私にはこれが一番お得でした。

そして3枚目に作った楽天カード。
これはイオンカードのように追い詰められたわけでもなく、
冷静に考えて楽天カードを作らないのは損だ
という事実に気がついたからです。

インターネットでのお買い物が大好きな私。
しょっちゅう楽天でお買い物をしています。

楽天でお買い物をする時の支払い方法、どう計算しても楽天カードが一番お得です。
楽天ポイントが一番貯まる!=無料でお買い物できる~!!!
年会費はもちろん無料です。
カードを作ったときに、ポイントがど~んってもらえたりするキャンペーンもよくやってるので、カードを作るだけでポイントゲットできちゃったりします。

どう考えても楽天カード作らないと損だよねって気がついた

え?本当なの?楽天カードってそんなにお得?
と思った方、一度楽天カードのページをよく読んでみてください。
楽天でのお買い物はいつでもポイント2倍など、ポイントじゃんじゃん貯まるお得な仕組みがよくわかります。
楽天カードの詳細はここれ見れます⇒楽天カード

代金引換とは比べ物にならないくらいお得。
代金引換は手数料とか取られる店も多いから損ですよね。

楽天カード、私は主婦という肩書きになってから申し込みしましたが、問題なくカードを作ることができました。
ただ1つだけ、不満があります。それは・・・

カードのデザインがダサイイ!裏は真っ赤だし。汗

楽天カード3

カードのデザインがダサダサでもかまわない・・・
という方にはお勧めの楽天カード。
楽天でお買い物する方には必需品だと思いますよ♪

楽天カードの詳細は→年会費永年無料の楽天カード




この記事へのリンクはご自由にしていただけます。下枠内のリンク設置用タグをご利用ください。
<a href="http://xn--u9j463gmxy003a.com/service/money/rakutencard.html" target="_blank">クレジットカードは増やさない主義の私が楽天カードを持った理由</a>

コメントは、Facebookアカウントを通してのみとなっております。